2017年6月18日日曜日

メッセージ

メッセージ受信メッセージ送信メッセージ受信、、、、



メッセージなんなんだコノヤロー!!!!


と心が叫んでいるべんです(^0^)
























SNSが発達して、メッセージでのやりとりが増えて

僕はスマホやPCが得意ではないので

メッセージはものすごく疲れます。

時に一つ返すのに1時間かけるときもあります。



そしてお店をやっています。

個人でやっているので、

実は営業していない時間もやる事があります。



そんな中で、お店の時もそうでない時も昼夜問わずに

「つなぎ屋」に関するメッセージが常に来ます。


プライベートの時も常にです。


メッセンジャーが常にピロピロいっています。




【例】


・お店にいっていいですか?

 →「いいに決まってます。その質問の意図はなんなのでしょうか?」



・今日は開いてますか?

 →「FBのページしか情報発信がありませんが、
   そのページで営業してるかをを見てみてください。
   お願いしますm(-。-)m」
   


・イベント、その他のお話

 →「まずは必ず対面でお話していただいてます。
   なのでまず会いに、お話しに、来て下さい。
   お互いにどんな人かわからないと、僕は心が動きません。
   そして、ただ場所代を頂いてお貸しするというやり方ではないので
   関係性をつくって、想いをやりとりして、そこから進めてくださるようお願いします。
   そうすることで、きっとたくさんの良い事や学びがあります。
   食品で例えるならば、インスタント食品ではなく、発酵食品スタイルです。」
  



大体、こんな感じのやりとりを日々無数にやってます。





もちろんすべてがこうではありません。




一人ひとり距離感が違うので

距離感を考え、自分の言葉も気持ちも違います。


しかし、そんな事は残念ながらメールでは伝わりません。




言葉がなくても伝わるもんは伝わる

















今書いているこの文字達も、異言語の人から見たら、ただの意味不明な文字です。

しかし言葉は違えど、対面であれば言葉の壁は越えて感情や想いは伝わります。



感情・表情・声色・間・テンション・その他見えない要素やetc...

様々なものをキャッチして人間はコミュニケートしています。

だからこそ、自分はそこに本当のものを感じ取ろうとします。



それが全然見えないメッセージという便利な方法。

とてもありがたいし、無いと困る生き方を僕はしているけど

本当に心を重ねるには「温度」が必要だと、べんは思う。






地震がきた…災害が起こった…ネットが遮断された…

そういった困難な状況が訪れたら会えなくなる、

のなら、べんは残念です。




つなぎ屋はあなたの「FB友達」を増やしたいわけではない。

「普通に友達」に出逢ってほしい

のです。



















「地震」と書いたから、その話でいくと、



地震によって困難な状況が訪れたとしても、

現実的に会えて・共に信頼しあえる関係性。


直面してしまったその困難な状況から

「自分達で助け合いのネットワークを生み出していけるつながり」

にまで、潜在的な関係を成長させていってほしいのです。



「つなぎ屋さんで出会う人はみんな良い人ばかり」という

お言葉を頂ける事がありますが、


災害に遭った時に周りがどんな人かわからない中で

「つなぎ屋で前に一度出逢った人」をもし見つけたら

それを介して助け合える関係が生まれてくれたら

ありがたいなと思ったり。



「つなぎ屋」という言葉が

誰かの助け合いの共通言語に

なったくれたら嬉しいなと


心の奥では秘かに想ったりしてます。


ちっちゃい範囲かもしれないけど

結構本気でこういう事を考えています。











きっと


べんが嘘をついたり、ごまかしたりしてたら

そうはならないし・今もなっていないと思うのです。




やっぱりつなぎ屋は「ビジネス」ではないのです。

「商売」かもしれないけど、

やっぱりつなぎ屋はそれだけではないのです。




むしろ、それだけだったなら、

こんな商売下手な店主べんがやってるこのお店は

とうに潰れていたかもしれません。



つなぎ屋の場所で以前あった2軒の飲食店は

どちらも1年前後で撤退したそうです。




その場所で経営ド素人から始めたべんがもうすぐ2年までできている理由は

やはり「単なる商売ではない」からだと思います。

だから、支えてくださる方がいます。

本当に感謝しています。




商売とかお金とかじゃなく(いや、ほんとにお金は心底大事なんだけど)


ほんとに心に届いてほしいものがある





お金に換算できないものいっぱい創りたい





誰かの命が回りだすきっかけ





なりたい。




まじだよ。

本気と書いて

まじだよ。



いっぱい経営の事で悩む。

その度にどうしたらいいか考える。

お店の経営者として頑張ってる。



でも、べんがやりたい事は本当はそこじゃない。





あなたにとって幸せな生き方を一緒に見つけること。



そのステップとしてもしこの場が必要なら、この場を提供する事。



それを多くの人と積み重ねていく中で

「本当に大切な出逢い」

を創りだす事。(べんが創るわけじゃないんだけどね)



だからその為に、お店の事を、がんばる。




「命を」「使う」と書いて「使命」。


今のべんの使命はそれ。


命を使ってる。


ほんとにそう思ってる。


いや、命を使わせてもらってる。



















つなぎ屋で出逢ってくれた20代の子達が

仲良くなってお互いのやりたい事を応援しあっている。



先日、その姿が嬉しすぎて泣いていた。



車の中で、涙が止まらなくて

店に来ても止まらなくて

その子達に直接ありがとうって泣きながら伝えた。



その子達がべんの想いを叶えてくれてる。

べんがしている事を、形にして見せてくれてる。



そういう人がいてくれるおかげで、

べんはまた進める。自分を信じて進める。




命を使う甲斐がある。


命を使わせてもらってる。


おかげさまで命を使わせてもらってる。


この生き方は無駄じゃない。


ありがたい。


本当に

本当に

ありがたい。


ありがとう。


ありがとう。




そう感じて、嬉しすぎて、ありがたすぎて、

泣いていた。




命を使わせてくれて

どうもありがとう。



最近泣くことが多いなぁ。


ありがたいなぁ。


泣かせてくださるみなさん、どうもありがとうございます。




















こんなやつなので、

対面で話したいのです。



あなたの声と心を

しっかりキャッチしたいのです。



メッセージじゃ

文字だけじゃ

あなたの本当の心が

わかりません。


べんは、こういうやつです。




なので、話にきてくださいね◎



そして、

今日も生かしてくれて

どうもありがとうございますm(●^0^●)m

2017年6月8日木曜日

つなぎ屋LED化計画

先日、ある人に


「光熱費とか維持費が大変だから、
つなぎ屋にたくさんある照明をLED電球にしたいさー」

と話していたら、

その人が他の人と協力して


「LED化の費用捻出募金」を企画してくれていて(コッソリと)

先日その募金を渡して頂きました。




募金してくれた人みんなのお手紙メッセージ付きで。





いたく感動しました。


感謝しかありません。



渡された時は嬉しくて

あんまり言葉にできませんでした。



こういう善意の元気玉を浴びる事に

まだまだ不慣れです。



しかし、感謝と共に受け取らせていただきます。

どうもありがとうございましたm(- -)m



何のお礼にもならないけれど

その場にいた方達には

歌を歌わせてもらいました。


歌なのかラップなのか

よくわからない歌。


20歳の頃からつくっては

一人で誰もいない山や海で歌ってきた歌。

大体自然の事ばっかり歌ってる歌。

だけど、べんの体の一部の歌。



へたくそだけど、気持ちをのっけて伝えたいなぁ。


これからまた更に、素直に自分になっていこうと思います。

丸出しにしていくプロセスは大変怖い気持ちだけど

緊張や怯えや踏み出す姿やこける姿も

全部含めてきっと誰かの土になるから。




僕らは常に

前の世代の恩恵を受け

その自分がまた次の世代に恩恵を渡していく。

そのサイクルをずーっと繰り返してきている。


これを読んでくれているあなたが

意識してようがしてまいが

そのサイクルの中で僕らは生きている。


道路だって、インフラだって、教育だって、

既に全部僕らの体に入っている。

その一部があって今この瞬間の

僕と

貴方が

成り立っている事実。



じゃあ今の自分はその恩恵に成れているだろうか?

きっとその恩恵に成れている。部分もある。

でも、そんな確証なんてないし

判断基準次第で恩恵に成れていないとも言える。

僕はそう在りたい。頂いた恩恵を次の人に渡したい。


今この瞬間にそれに成れていたとしても

明日は成れているかどうかわからない。


そんなもんは場面によっていくらでも見方が変わる。

確証なんてほんとのところいつまでも持てないかも?


でも、自分が「これが良い!!」と、

心でも体でもしっかりと感じ、信じきれた時に

その確証は自分の中でだけは成立するんだろう。


その「自分の中でだけ」の確証を

本気で持つに至った人達が


「自分の中でだけ」だったものを持ち寄って共有して


現実に創り出してしてしまって


それによって喜ぶ人がいれば


それは他者も含めて、事実として

「恩恵になれている」

んじゃないかと思う。


それを感じさせてもらえたときの喜びって

とっても大きくて代えがたいものだと思う。


仕事における「やりがい」ってそれにきっと近いと思う。


あ、そっか、「生きがい」って事か。


「生きがい」ってすごい言葉だなぁ。


自分の命の在り方、喜び方の事を

「生きがい」という穏やかな4文字で

表した日本語なんだなぁ。


と、今感じたよ。



いつも、なんの話かわかんなくなる(笑)

書きたい事を書いている。

まぁ、ブログはそういうものか(^-^;)

じゃあ、いいや!




あ、そうそう

だから


LED化に寄せて頂いた

お金というエネルギーは

こんな事を思って

次の世代の土になりたいと思っている

べんという人間の助けになり、


その助けによって

更にいっぱい

誰かの(あなたの、かも)喜びとか幸せとか

生まれるかもしれなくて(ていうか、生む!!)


そのおかげでまた何かに

いいものが循環していくから


そこにべんの意志も乗っけて

いいものにして循環していくから


それを一緒に喜んでくださいな(^0^)



やさしい意志をもつ人たち

どうもありがとうございます。



べんを活かしてくれるみなさん

どうもありがとうございます。



自分がどうとかじゃなく

自分の命で在らせてもらえる事に

その命の在り方で誰かの喜びに

なれていると感じさせてもらえる事に

感謝します。


ほんとうに

感謝します。


このべんという命を

みんなが上手く使ってくれたり

喜びに変えてくれたら

嬉しいなぁ。


今もそうさせてもらってるんだなぁ。

ありがたいなぁ。


どうもありがとうございます(●^人^●)






LED化への募金をくださった方へ

深く感謝申し上げます。


LED化した際には

またこのブログにて

報告させて頂きます。




どうもありがとうございます!!!


今日は構成もせず、一筆書きスタイル!

語弊やら粗相やらがあったらすみません!

でも、今日は気持ちのまんまのスタイルで!





2017年6月8日(木)

雨の日

やさしい一日になりますように(^人^)


感謝



つなぎ屋  より

2017年6月7日水曜日

今日のべんナンパ(^0^)

嬉しいです!!




















今日は

べんがめっちゃくちゃ会いたくて

以前に何度か本州から呼びたいなと思っていた方が

本州から北海道に来るという事でナンパ

(というか本当はドキドキしながらのご連絡)してきました!


「ナンパ」というのは堅苦しく説明したくないので

あえてそう表現していて、尊敬してるので、お間違えなく(^-^)



その方は【坂爪 圭吾】さん(^ー^)



紹介は上手くできなさそうなので

ブログのリンクを貼っておきます◎


[いばや通信]
おもしろいよ♪→http://ibaya.hatenablog.com/


自分はブログ上では激しく共感したり

感動したりさせてもらってるので

会いたくてしょうがなかった(^0^)

ありがたや(-人-)ありがたや(-人-)


千歳空港へお迎えに行って

札幌中心部まで送らせて頂きました。


そして明日6月8日(木)の夜に

つなぎ屋に来て頂ける事になりました!

めちゃくちゃ楽しみ◎


でも、普通に友達になれたらとても嬉しいので

かしこまった講演会とかじゃなく

普通にみんなで食べ物など持ち寄って

食卓を囲む感じで過ごせたらいいなと思ってます。


かしこまると、きっと疲れるし、「循環」しづらそうだから。。。。


ご興味ある方は

なんらかの手段で店主べんにご連絡いただき、

来る旨お伝え頂けたらと思います。


なにより、べんが会ってお話ししたいので

あまり集客がどうとか思ってません。

坂爪さんに来てよかったと思ってもらえる時間を

みんなで一緒に過ごせて

お互いにとって「会えてよかったなー(^^)」

となれれば大変嬉しいです。




自分の喜びの1ページも兼ねて

今日のブログに記します◎















そしてこれは関係してくださった方への一言ですが、

「つなぎ屋LED化計画」へお気持ちを寄せてくださった方への

お礼の気持ちを記したいと思いながら書けずに過ぎているので

お礼の気持ちをちゃんと記したいと思っています。


本当に

どうもありがとうございますm(_)m


深く 感謝



つなぎ屋  より

2017年5月12日金曜日

U・S・O

気づけば1ヶ月ぶりのブログ。

すっかり春になり、ほんと毎日素敵な空気◎

最近は少し外に出られるようになって

自然の中に行ったり、農家さんの畑に行ったり

少しづつべんの好きな事ができてきていて嬉しい(^^)


そんな中、今日は

「嘘」について考える。



















「嘘」は防衛本能。



怒られる。

攻撃される。

それは

恐い。

痛い。

だから嫌だ。

それは嫌だから

嘘をつこう。



それは動物としてある意味当然だと思う。

痛いの、嫌だもん。

そういうメリットがある。

デメリットももちろんあると思うけど。



でも、その防衛本能やDNAも

あくまで「過去の経験則」。


今この瞬間と同じ環境や状況で経験したわけではない。

本当は今この時代はもう

「DNAの経験則による防衛は逆にデメリットの方が多い」

のかもしれないとも思う。


コミュニケーションについての学習がまだ足りなかった段階では

自分を守りながら、自分の欲求を満たしながら、

自分の安全や利益を守りながら相手に近づく為に

嘘や攻撃もある意味必要な時代だったんだと思う。


でも、全人類を通じて積み重ねてきた

数え切れないほどのコミュニケーションによって


互いの安全や利益を保証しながら近づくための

法則やノウハウがやっと地球上にできてきているとしたら


じきに嘘をつくデメリットの方が大きくなって

嘘をつくのは非効率的で好ましくない

という事が本当の意味でこの体に

このDNAに

アップデートされるかもね。


記憶という元々の反応はあれど

意識を変えたりして

新しく次を創れるのが

人間の持つ「意識」の力だしね。





そのかわり



僕らはしばしば、だらしないw


社会的に、倫理的に、嘘はよくない

とか言って頭でわかってても

「体現して生きる」事は、

また別のレベルだから。


「掃除しなきゃいけないけど、めんどくさいから明日にしよう」

レベルなら、

「わかっている」

かもしれないけど

「できてない」。



人は自分の心の中は見ようと思えば見えるけど

相手は心の中は見えないから。基本は。


だから、自分の心を相手は知らないよ。

自分が行動で体現できてなければ

相手はあなたの心を解ってないかもよ。



解ってくれてるだろうという思い込みは

しばしば争いやトラブルをもたらすっぽいよ。



みんな勘違いという地面の上で

一緒に楽しくキャッチボールしてるんじゃないかと思うよ。


俺は楽しくキャッチボールしてる事に賛成。

そこからふと地面に目をやって

この芝生「良い芝生だねー」と話したら

「え?ここ土だよ?」

「え?そこも芝生じゃん」

「いやいや、ここ土でしょ」

「いや芝生だから。目悪いの?」

「は?土だべ。目悪いのそっちでしょ?」

「なにいってんの?バカじゃない?」

「いや、バカはそっちだから」


ってケンカになるの、俺らって。

楽しくキャッチボールしてれば良いのにね。

まあ、飽きたら他の事にも気がいくもんね。


恋は盲目なのに、結婚は墓場、なんだもんね。


…話がずれたw



まあ、そんなケンカの時に

勝ちたければ嘘をつけばいいし

仲直りしたければ嘘はつかない方がいいかも。

素直にいれたら、そっちのが早い。

子供は素直だから、仲直りも早い。

ほんと、子供って素敵。

そんな感じ。



もうちょい大人ぶった言葉で言えば

奪い合いのベクトルなら嘘は武器になり

助け合いのベクトルなら素直が利益になる。


基本的には素直な方が効率的。

素直な方が地球規模で効率的。

素直な方が楽しい嬉しいが多い。

だって楽ちんだから。


でも良い嘘もあると思うし

効果的な嘘も、マイナスな嘘も

混ぜて混ぜてこねてこねて

創られた世界のおかげで僕は今生きている。

やっぱりバランスだよね。


「嘘を撲滅せよ」とは全然思わない。

「素直教の信者」でもない。


今の自分は素直が好き。

今まで素直じゃなかった事の裏返しなのかなぁ?しらんけど。


命には陰も陽もある。

バランス。

バランス。



でも、もし嘘に傾きすぎてる人がいるとしたら


今度は素直に向かって生きてみたら


楽ちんになるかもね。



逆に素直すぎる人は


たまにかわいい嘘をついてみたら


しんどさが減るかもね。






今の自分は素直が好き。


まだこの素直ベクトルを意識して進みたいと思っている。

そのうちそれをやりきったら

今度は高田純次のような人になるかもしれない。

今32歳のべんは、こんな所にいる。









べんの書く事思う事は別に正解じゃないけど



20歳の誰かが何か受け取ってくれるかもしれないし、

60歳の誰かが何かを思い出すきっかけになるかもしれない。



誰が食べてくれるか、誰も食べてくれないかも解らないけど

誰かの血肉になれたとしたら、それはべんにとっては嬉しい。

血肉になれなくても、ビフィズス菌になって

お腹の調子を少し良く出来たら、大変嬉しい。



誰が食べてくれるかわからないけど、

興味ある人は一度べんを食べてもらえるとありがたい。

自分は「べん菌」をはびこらせたいw



その菌が体内に入ると多分、



自然が好きになったり

音楽が好きになったり

自由度が増したり

少し優しくなったり

するんじゃないかと思う。


そういうケースがいくつか報告されている。

でもまだ全貌は解明されてないし、未来にも全貌は解明されないだろうねw



この味が気に入る人も・気にいらない人も・いるだろうけど

一度食べてみて欲しい。

それで口に合わなかったら

もう一回だけソースかけて

味付けして食べてみてw

それで不味かったら、ごめんなさいw


なんのこっちゃw



まあ、べんを本当に食べる事はできないから

カレー食べてねw

べんはともかく、カレーは確実に美味しいからw



ただ今、有機米の酒粕を使った

オーガニックカレーを

開発中です。



より自分の心と意志にかなう

美味しいカレーを

つくりたい。



つなぎ屋はまた一歩

レベルアップの時です。



楽しくがんばります。

応援してくださる方

応援よろしくお願いします(●^人^●)



…という事で



今日はカレーの宣伝でしたw

珍しく、ねw






つなぎ屋 より

2017年4月18日火曜日

ラッパー!!

4月15日の出来事!


熊本応援イベント中、


主催の義人さんにお店を任せて

買出しに外に出て歩いていて

とある公園の前を通った時に

ラップをしている若い3人がいた。


ベンはHIP HOPが大好きなので

「聴いてていいですか?」と

声をかけて、近くでラップを聴いていた。


そのラップは「フリースタイル」と言って

「ビート」と呼ばれる音楽トラック(オケ)に乗せて

「即興でラップ」をするもの。





ラップの大きな要素の一つに

「韻を踏む」という事がある。


「韻を踏む」事で音楽的な響きを気持ちよくして、

同時に意味もしっかり面白く成立させていく。


そこがばっちりハマッて、メッセージとしても深く届く、


そんな言葉が

リズム&フロウ(歌で言う所の“メロディー”)

を伴って

音楽になった時の感動や興奮はすごい。

めちゃくちゃ楽しい。



でも、それを


即興で

その瞬間に

音楽的にかっこよく

ラップするのはものすごく高度。


普通じゃできない。


それを若い3人が、すごくかっこよくガンガンやっている!!



惚れた。。。



惚れてしまった。。。。





声をかけて

「ご飯出すからお店でやって!」

と、ナンパして一緒に店に行った。



歩いてつなぎ屋に向かう道中

話を聞くと17才・17才・18才の男子校生3人。



フリースタイルの上手さを競う

「フリースタイルバトル」の大会にも出場している

若いラッパー達だった。




精神の探求者BOSSさん




「ラッパー」「ヒップホップ」という存在に

抱きやすい「ギャング・悪・暴力」というイメージ。



それはヒップホップの一側面であり、そもそも人間の一側面。

他の面もたくさんある。愛・平和・感謝。




ヒップホップは素直にメッセージを歌う音楽。

なにより「リアル」という言葉が尊重される音楽。

だからこそ、人間が持つ色んな面が全部表現されている。


人間がそうであるように、ヒップホップには善も悪もある。

その中でそれぞれが生きたいと思う思想や生き方を歌う。

若い僕らを中心に、たくさんの人間がそこに共鳴していく。


それがベンの見ている「ヒップホップという現象」。



悪だけではない。

むしろ一般的なポップスよりも美しく

叙情的で文学的な曲はありすぎるほど。

この曲を聴いたらヒップホップの懐の深さが伝わるかな?

札幌の最高のラッパー「B.I.G JOE」さんの曲。
歌詞をよーく聴いてみてね。感動するから。
https://www.youtube.com/watch?v=Zqrnatp8ZWE


B.I.G JOEさん




ベンという人間はこういうヒップホップのおかげで育ってきた。




そんなベンが、

「ラップめっちゃウマイなー!」と

感じる若いラッパー達に近所で出会ったもんだから


ナンパして店に招くのは必然なのである(笑)


そしてそのラッパー達は礼儀正しく、しっかりしている。

ステージで即興でラップしてもらい、お客さんと一緒に聴かせてもらった。



まじ、すごい(^ー^)


そして、ステージが終わって、カレーをごちそうしたら

「初めてラップで飯が食えました!」と喜んでくれた◎


こちらも嬉しかった◎


また会える事が楽しみ(^0^)


6月23日にススキノでライブがあるそうなので

行ってみたいなーと考えている。




またもや、日々こんな感じでやってます。(どんな感じw)





14日、15日、16日と行った

「熊本地震応援ウィーク」

に、ご来店頂いたみなさま、

熊本応援プレートを食べて頂いたみなさま、

応援いただきどうもありがとうございました◎


熊本応援ソコアゲ隊長の義人さんを通じて

応援に変えさせていただきます(^人^)


感謝



つなぎ屋 より

2017年4月15日土曜日

今日のつなぎ屋を動かすMEN’S

今日も暖かい札幌。


心も


体も


軽くなりそうな気持ち良い日(●^0^●)








今日は「珈琲癒人(コーヒーセラピスト)」の陽ちゃんが

昼から珈琲を入れています。


どーも、陽ちゃんです


~ 心の居場所 と 癒しの珈琲 届けます ~
     
      【珈琲癒人 陽ちゃん】


両親のうつ病、小学校でイジメを受けたこと、等をきっかけに

学生時代から多くの人の話を聞くようになる。

高校時代から心理学に触れ、大学で心理学を専攻。

カウンセラーになる為に学ぶ。

東日本大震災の1年後に震災ボランティアに参加。

そこから教育・福祉・飲食・起業・まちづくり等、活動の中で学ぶ。

大学卒業後、珈琲の癒しを知り、珈琲店2店舗での珈琲修行に入る。

2016年12月に[感性と手放しの0円旅]を敢行し

珈琲癒人としての感性の第一仕上げを終え、


現在


「デリバリープライベートカフェ」



「イベント各所での珈琲提供」

を軸として

今日も誰かの心の居場所を創っています。

珈琲癒人Facebookページ→https://www.facebook.com/%E7%8F%88%E7%90%B2%E7%99%92%E4%BA%BA-774141916089151/?fref=ts







そんな陽ちゃんが

ただいま珈琲を淹れています。


カウンターには20代の希望溢れる女子達が並び


ピースボート世界一周女子

お抹茶&書道の着物女子

災害ボランティア女子


が、色んな話をしています。

今は農業の話をしています◎



フレッシュで希望溢れる春が到来してますw





つなぎ屋はベンの店のようで

ベンの店ではありません。


色んな人が場をつくり

それぞれの色と形で出来事を生み

そこにベンの力もちょこっと加わって

楽しいシンクロ二シティーが起こる場所(^ー^)



今日のお昼は「珈琲癒人 陽ちゃん」の空気で

初めて会う若い女子達が良い話をしています。












そして、、、



どうも、義人でございます



今日の夜は【バーテンダートランペッター 義人さん】が


「熊本地震応援Night」で

熊本のセレクト純米酒やカクテル、

熊本の名産食を使った「熊本応援プレート」、

などを出します◎


阿蘇のお酒“霊山”

熊本の名産品をふんだんに使った“熊本応援プレート”



義人さんは、

仕事をかけもちし、バリバリに働き、

音楽活動とボランティア活動に全精力を注ぎ続ける

元ススキノBAR店主・蝦夷吹奏楽団長・熊本地震支援ソコアゲ北海道隊長

などなどの、ファニーでアツい酔いどれアニキです。


ソコアゲ記事→
http://mainichi.jp/articles/20160708/ddg/041/040/005000c

蝦夷吹奏楽団→
http://ezosui.com/about/about.html



年末には、手持ちのお金を全てボランティアに寄付している

(賞賛としての)「愛すべきバカ」です(^0^)v




今日もそんな感じで


つなぎ屋は動いております(●^ー^●)




今日の空気は気持ちがいいなぁ♪


感謝◎



つなぎ屋 より

春よ

久しぶりにブログを書く。



3月末から4月現在まで

いやいや、色々あった(^ー^)





【自然栽培農業交流会 ~今年は畑に遊びにいこう!~】




【勝手に一人珈琲道場 ~100杯淹れるまで帰りません!~】




【テクニカルフィンガーズLIVE (盲目のギタリスト&ロック三味線のユニット)】




などなど、、、




みんなすごいエネルギー量の時間になりました◎






特に農業のチャンネルを実現してもらえた事が嬉しい。


農業はとても大事だし楽しい事だと思っているから。



普段お店をやっている中で

「農業チャンネル」
(意識がそこに向く事を“チャンネル”と呼んでいる)

になる事が少ないんだけど、


少しでも多くの人が農業のチャンネルも

持ってくれたら楽しいな、と思う。




つなぎ屋の役割のひとつは


誰かの心の中にある

「まだ形になっていないもの」

「アクセス先を探している感覚」

を、現実の出来事・形にする

仲立ち?手伝い?おせっかい?きっかけづくり。



「なんとなく何かやりたい」

とか

「これをやりたいけどどうやって実現したらいいだろう?」

とか

「生活してて“何か”を感じているけれど、言葉にならないし、わからない」

と感じてるのを


後押ししたい。




後押しという言葉を偉そうに言える程

自分に力があるわけではないんだけれど

この場所から回りだす歯車は確実にある。



自分の力というよりも

それぞれの中にある縁が

発芽したり受粉する温室みたいな場所。


それがつなぎ屋だと思っている。







「思っている」


というのは、


「自分にもまだこの場所の意味の全体像が多分解っていない」

と思うから。



オープン当初の頃にはまだ具体的に描ききれてなかった

次の可能性が現れてきていると感じるから。



この場所でできる事はまだまだある。



発信と共鳴の結果ではまだまだ色んな事が起こる。

でも、それは自分一人の力ではない。



だから、色んな人が色んなチャンネルを持ち寄って

「“今”を生きる人たち」の感覚やメッセージを

現実化して欲しいと思っている。



一般社会の中ではまだ認知されづらい価値観を

表現して生きても大丈夫な場をつなぎ屋で体現していたい。



これからどんどん価値観が多様化していく世界で

その人自身の・自分自身の価値観にアクセスして欲しい。



「そこに進んでも大丈夫」と体現している場所でありたい。



半分はカレー屋、半分はカレー屋じゃない。

そんなつなぎ屋のカレー屋じゃない半分のうちの更に半分位の話。



一度に全部を言葉に書けないので

ちょっとづつ、記していく。






冬から春への変わり目、

体や心が変化する時期。

自分も体が重いけど

体も心もちょっと重い人も多いと思うけど

今を過ぎたらまた

春はちゃんとやってくる◎


いつでも、毎年、どんなときも。



春よ、こい。



今日はこんな事を言葉で書いてみる。


感謝。




つなぎ屋より