2017年3月22日水曜日

日々

吉田山田 「日々」

https://www.youtube.com/watch?v=4J9AcO6LrfM








今日は

4月11日(火)につなぎ屋でコンサートをする

「My favorite classic」(唄 本間 桜子.ギター 山本 朝香)

の二人がお店で音あわせをした。





クラシックや洋楽から日本歌謡やJ-POPまで

ジャンルを飛び越えたたくさんの名曲が

クラシックギターとソプラノ歌手の世界観で

演奏されていく。




練習だけどめっちゃ感動した。




Photo by Shino Tanaka





「My favorite classic」のお二人
左 山本朝香 .右 本間桜子





※アーティスト「たなか しの」さんの写真を拝借。
 彼女のブログはおもしろいよ。名前をクリック♪






特に「滝 廉太郎」作の「荒城の月」のギター演奏に感動した。




「学校で習った日本の歌」というイメージでしか思ってなかった歌が

クラシックギタリストの「山本 朝香」ちゃんのギターの

伴奏がつくとめちゃくちゃクールでかっこよかった。




日本歌謡のジャズって感じだった。

すごくクールで哀愁を感じて、かっこいいんだよ。

あの歌謡曲がこんな音楽になるなんて、ビックリした。

言葉で表しきれないのがもどかしいかっこよさだった。








それと、「吉田山田」作の「日々」。


こういうヒットソングがあることは知ってたけど

テレビがない僕はちゃんと聴いたのはほぼ初めて。


めちゃくちゃ心の琴線に触れた。






歌詞とメロディーが半端なくシンクロしてくる。

きっと多くの人がそうなんだろう。そしてヒットしたんだろう。



この曲の最後の歌詞

「涙の数だけ きっと幸せな日々」





おじいさんとおばあさんが登場して

ツライことも 嬉しいことも

嬉しい涙も 悲しい涙も 

【一緒に生き続けたからこそ】

今までの出来事すべてが

幸せな日々だったと肯定される。





その最後の歌詞が、


涙の数だけ幸せな日々。







一緒にいつづけること


その尊さ。






美談、理想、を歌った歌かもしれない。

現実はそうはいかない事もある。

それは自分もよーく知ってる。





でも

だからこそ

歌は理想を歌ってくれる。

歌の中ではその理想を体験できる。





そして、そこに共感するという事は

自分の中にそのイメージが存在してるという事。



共感は対象に自分が「共有」して「感じる」事だから。

自分にそれがなかったら共感はない。





「日々」を聴いて

自分の中のその理想の部分に触れて

共感して、めっちゃ感動した。

めちゃくちゃ感動した。




この歌の世界は自分の中にもある世界。











こうやって「共感」できるものを知ることが

自分を知ること。



だからたくさんのものに触れて

たくさん共感できるものを見つけて

生きてるときっと楽しい。



「自分探しの旅」っていうけど

それは旅に出なくてもよくて

「共感できるもの探し」

なのかもしれないね。



音楽や映画やアートは

いつもそれを提供してくれる。



だから

音楽は

自分という人生を

本当に

幸せにしてくれる。























なんだか話がまとまらなくなってきたけど


感動した。





演奏してる二人自身も感動してた(笑)

でも、そうだよね。素晴らしかった。




その後、ユーチューブで本物の「日々」を聴いたら

…実はあんまり感動しなかった(笑)



あの「本間 桜子」ちゃんのあの歌声だからこそ、

感動したんだと思った。少なくとも自分は。


彼女の人柄も知っているからというのも大いにあると思う。

けど、それを差し引いても彼女の歌声は心に届く。

しあわせの歌唄い 本間桜子→https://www.facebook.com/happysong.sakurako/






こうやってつなぎ屋に素敵な音や時間が積み重なっていくことを

心から嬉しく思う。





今は「戦場のメリークリスマス」を聴きながらブログを書いている。


音楽は本当にいいなぁ。





ちょっと疲れたり


幸せを感じたいなぁと思った時


音楽の時間、一緒に過ごしましょう(^ー^)v




つなぎ屋 より

2017年3月20日月曜日

おかげさまで32歳になりました

先日3月17日、ベンは32歳の誕生日を迎えました。


ただただ普通に営業のつもりでお店を開いていましたが、

なんやかんやと人があつまってくれて

嬉しいなーと思っていたら、


バースデーケーキ等のサプライズを企んでいてくれていて

わいわいとお祝いをしてもらいました。



こんな誕生日を迎えたのは生まれて初めてだったので









本当に嬉しかったです。










その場では涙しませんでしたが






家に帰ってから涙しました。







あー、生きててハッピー。








みなさん、本当にどうもありがとうございました。


おかげさまで今日も生かしてもらってます。


どうもありがとうございますm(●^0^●)m


感謝、感謝、感謝です。






FB等でのお祝いコメントも、日があいて本日ありがたく読ませていただきました。

どうもありがとうございますm(●^0^●)m


お一人づつ文章で書いて感謝をお伝えしたい気持ちなんですが

たくさんすぎて文章は断念しました。




「ありがとう」と口にしながら、みなさんに「ありがとうスタンプ」を押しました。

どうもありがとうございます◎



これからもどうぞよろしくお願いします!!!











お客さんという存在から、お客さんではない存在になっていく、

カレー屋という存在から、生きる為の時間を過ごす場所になっていく、


遊ぶことや、出逢うことや、知ることや、踏み出すことや、創りだすこと。


それをしたいんです、つなぎ屋は。

カレー屋なんだけど、カレー屋じゃないんです。

「場所」なんです。










今日はつなぎ屋メニューブックにある

「つなぎ屋のあらすじ」








ここは北区のミントの木。

不思議な樹液(カレーや飲み物)の出る洞穴。

この樹液を求めて色んな虫達が集まってきます。

ある虫は歌い、ある虫は何かを作り、ある虫は話上手。

虫にはそれぞれの役割や目的があります。全ての虫に必ず。

虫は自分の行いや習性を当たり前だと思って生活しています。

でも本当は、その行いはその虫にしかできない素晴らしい事です。


他の虫にはできない

その虫だけの素晴らしい力なんです。


普段は全然違う場所で暮らしている虫達が

この洞穴にしか無い不思議な樹液を求めて集まってきます。

虫達がここで出逢い、新しい生態系が創られていきます。

この洞穴では今日もそんな物語が紡がれています。

あなたの力が働いたら、どんな世界になるか?

あなたの力で喜ぶ虫が必ずいるはずです。

あなたはどんな虫ですか?


Design by Ami Nozaki

























これが現在進行形で創られている、つなぎ屋というお話(^ー^)













地球の歴史の長い永い時間の中で

多様な生き物が生態系として調和していく過程では

今までたくさんの出来事があっただろう。



滅びていく生き物、

進化して生き延びる生き物、

場所を移って生きる事を選んだ生き物、

他の生き物と協力体制を創って新しい生き方をする生き物。




どれかが変われば近くの生き物も少し変わって

その連鎖の先に全体が変わっていく。

それにあわせて生き物達みんな生きていく。

大きな生き物が変化する原因に

小さな生き物も影響している。

その逆も然り。



大きい・小さい ではない世界。

大きいものは大きいものの役割。

小さいものは小さいものの役割。

偉い・偉くない ではない世界。


それぞれの役割で生きるという一点において平等な世界。

それぞれの役割で生きるという事が唯一のルールな世界。



大きな力である季節や気候の動きによって

それを受けて動き、生きて、

生態系が創られていく過程は

人間目線の「良い悪い」の価値観では判断しえない


自然という調和した状態に至るための

ただただ必然の過程。


大きな視点で見れば

そうだし

小さな視点で見れば

それぞれ自分の生き方をしているだけ。


ただそれだけ。


そんなシンプルな自然の営みから

僕らはどれだけ遠くに歩いてきたんだろう。


僕の目からはとても「自然」には見えない

今の社会の形に合わせて生きる為に


どれだけ「自分」という生き方から離れてきたんだろう。


一生懸命歩いてきた道のりはどんなものだったんだろう。


その道を歩いてくる中で、

たくさんの喜怒哀楽で

たくさんのものを作り出して

たくさんの経験をして

僕らは「今」この時代にいるんだろう。


「今」はすごい時代だと思う。


僕らは今までにない位に

力や可能性を発揮できる環境にいると思う。


それと同時に、欠けてきたものもあると思う。


一歩一歩、一瞬一瞬を積み重ねて

今、ここにやってきた。


でも、どんなときでも後ろを見れば

自然はそこにいる。

ずっといた。


ずっと僕らの生きる土台を

営んでくれていた。

くれている。



僕ら人間の生活は生態系を変化させている。

僕は環境破壊という言葉を安易につかいたくない。

その言葉は人間の目線でしかないから。

環境を「変化」させている。とここでは書く。



このままの路線の環境変化を続けていくと

人間にとっては幸せではない状況になりそうだ。

それはおそらく現存の生き物にとってもそうでありそうだ。

僕はそう感じている。



これから先、どういう風に環境を変化させていくか

僕らは今、選べる。



少なくとも

自分は

一人分

選べる。



僕の生き方



選べる。



だから

選んでる。



あなたも

あなたで

選んでる。



みんなが

今の選択を

この先も選び続けたいかは

わからない。


あなたが

何かを

選びたいけど

選べない理由が

あるなら


つなぎ屋は

それを

選べるように

力になりたい。


あなたが

選びたいものを

選ぶ事が

「自然」

だから。


僕は

そう思うから。


僕という

生き物は

そういう

生き物だから。


そんな風に

みんなが

自分の生き方をしたら


新しい生態系が

できていくと

思っている。


それはなかなか

いい感じの生態系

なんじゃないかと

想像していて


そんな想いを込めて

つなぎ屋を

やっている。




それを

今回集まったみんなが

現してくれた。


つなぎ屋で出会った人たちが

とてもたくさんのやりとりをして

それぞれの意見や立場を発信して

べんバースデーという時間を

僕にプレゼントしてくれた。


みんなが楽しそうに

過ごしてくれていた事が

最高のプレゼントです。


ありがとう。

ありがとう。


(●^人^●)





















僕はこんな虫です。



明日も

つなぎ屋

洞穴で

生きています。




ディジュリドゥーを吹いて

カレーを作ってます。



この虫を

愛してくれて



本当にどうもありがとう。


感謝。



                つなぎ屋 より   春分の日に

2017年3月5日日曜日

「なんで?」

なんで?





なんで?





なんでー?















ねえ














なんでーーーーー!!!???























子供達がよくする行為。

「なんで責め」w



















話は一旦ずれるけど、



自分は子供が大好きだw



つなぎ屋はメニューを開いて一番最初の言葉が

「お子様歓迎(遠慮せず、堂々とお食事を)」 です◎







子供は素直に自分でいれるから。

その姿が愛しくてしょうがない。








「素直に自分でいる」









これが大人たちにはどれだけ難しいことだろうか。


それを子供達はいとも簡単に毎日やっている。


だって、それは本当は簡単なことのはずだから。。。。







俺のエゴはできれば「子供にはそのまま育って欲しい」と願う。



でも、それはエゴ。





子供がどう育とうと、何を経験してどうなろうと

大人が本当の意味ですべきことは



「その子供を信頼する事」



だと思う。




うひゃー、えらそうw



でも、そう思って今までたくさんの子供たちと接してきたんだもん。















話は戻って





「なんで」




は大事だと思う。






「なんで」




から答えが出る事がいっぱいあると思う。













例えば



会社では「なんで」より「答え」を重んじることが多いと思う。




誰かが他人と違うやり方をしていたときに、


一見効率が悪いと見えれば



「こういうやり方をして下さい」

と、伝えて、それに相手が

「はい、わかりました」となる。



そういうやりとりで終わるケースもあるだろう。









でも、



もし、



「なんで?」



が、あったら




「こういうやり方をするのはなんで?」


「これはこの次の人の行程がやりやすくなるだろうから

ここでの10秒を費やしてでも、次の人の1分が効率アップすれば

会社全体としてはメリットがあって利益になると思うからです」


「ほう、なるほど」




となれば、そのやり方は会社の宝物になるかもしれない。









そんな風にして、

「なんで?」

が、あれば

物事が良くなる可能性がいっぱいあると思う。




でも、



「なんで?」

よりも

「目先の解決」

を求める

「表面効率グセ」

がついてるのも僕らの社会の一事実。




だってそれも必要だから。




一個一個すべてに、

子供のように

「なんで?」

を聞く余裕がない場合が多いから。




余裕がない時の合言葉は


「めんどくさい」


でしょ?



その気持ち、よくわかるわ。



そうじゃない人やケースもいっぱいあるけど。









でも、実際世の中を発展させてるのは




「なんで?」




だから。






物事を動かしてるのは




「なんで?」




だから。











それをないがしろにしないで


ちゃんと進めることが


自分の思う「良いコミュニケーション」。





「なんで?」


が無いと、相手の本当の気持ちや意図は解らないから。


それが妄想や決め付けで一方的に動いていくのが、


色んな物事のもつれの原因だと思う。












今日のブログは

ある人との出来事がきっかけだけど





本とかブログばっか読んで


「なんで?」


を捨てて




「自分を満たすため」


とか言って




相手への


「なんで?」


を捨てることを


「自分への愛」


と思ってるとしたら



地獄の餓鬼とおんなじだ。



あなたは当然そうではないけどね。



あなたの素敵な所をたくさん知っている。



















自分はスピリチュアルや啓発本より

仏陀の言葉で育ってきた人間だから

理性と慈悲を求めたい。



そのベースの上で、現代の感覚や感性と

自分の魂が求めるバランスで「中道」を歩きたいと自分は思っている。







本や誰かの言葉に根拠を求めるより





あんた

今ココ



そのココロ



そのあんたで

生きてんだろ





って思う。








本の言葉


誰かの言葉を


根拠にすんな






って思う。















時にはあなたの言葉やあなた自身が

誰かの神様になる。



その言葉によって救われたり

力づけられる人がいる。


間違いない。




そういった意味で俺も時に誰かの神になる。





でも、



あなたは

神様ではないから。




俺も

神様ではないから。




あの人も

神様ではないから。





だからみんな間違うし・行き違うよ。








だから行き違う時には


お互いの気持ちや想いを


「なんで?」





伝え合うことが大切だと思う。



それがなくなることは



かかわりがなくなる事。



もしくはどちらかが


なぁなぁにして


自分を押し込めること。




俺はどちらも望まない。








相手が好きであれば


「適当に流して終わろう」


と思うのも有り。





相手が好きであれば


「なんで?」


と思うのが俺。












「なんで?」


は大切だと思う。












相手への理解を


調和への道を


発展を







創るエネルギーだと感じるから。












という事で!




3月10日は

【~三日月~ キモノ陽和(ビヨリ)】

というイベントをします(^ー^)



「おひさまの羽心衣」という

「60秒で着れる着物」(!?)

を試着しながら

遊べるよ♪



イベントページ、見てみてくださいな(●^0^●)→

https://www.facebook.com/events/1848389895450386/

2017年3月3日金曜日

間もなく開店から1年と半年♪

しばらく引越しや色々で全然ブログを書いてない日々。

人生初の水道凍結も経験しつつw




おかげさまでつなぎ屋は間もなく開店から1年半になろうとしています♪




たくさんの方が来てくれて、交流があり、

いろんな出来事やストーリーが生まれています(^0^)

喜んだり楽しんでくれたりする人がいっぱいいて

ここから新しい生き方に踏み出してくれている人もいる。




「勝ち負け」じゃなく「助け合い、喜び合う」為につながる。

自分はそんなイメージでつなぎ屋をやっている◎









SNSやネットを見るとお金の稼ぎ方的な情報の多さにびびる。



お金は絶対に大事。

そこに何の異論もない。


…でも、たまには違う側面からのお金の見方。











そもそもお金って価値を交換する為のツール。







最初は100のものに対して100のお金があった。







いつしか銀行ができて、利子ができたことによって





100のものに対して101のお金になって




次の年には

100のものに対して103のお金になって




次の年には

100のものに対して106のお金になって


(利子の幅は適当^-^;)



その次の年になって


次の年になって


次の年になって







何年も経って今じゃ500いや1000とかもっと膨らんでる。









「地球上のものの量を越えて架空のお金が存在」していて

それを埋める為に色んな犠牲が生じている。



これ“も”今の世界を作っているお金の事実。

自分はそれを知ってから、お金がすべてじゃないと思っている。






でも、お金は必要。絶対に必要。




未来の事はわからない。

だって世界中借金だらけ。




でも、今は必要。今はそのルールで動いている。


だから今はそのルールを守ろう。




でも、いつか架空のお金が膨らみすぎてパンクして

お金の意味が変わる時が来るとしたら


…どうなるんだろう?





善意もしくは助け合いの部分が大きくなるんじゃなかろうか。



そこには心を伴う信頼関係がとても大切なんじゃなかろうか。



そんな事を思ってもいるよ。







お金はエネルギー、感謝の量、という解釈がある。

その通り。何の異論もない。

納得、賛成。



だから自分はもっと喜んでもらえるようにがんばりたい。




そしてお金の奥にある「つながり」を創りたい。




お金は喜びの量。

その対価。

そう想いながら、


今日も明日もつなぎ屋をやろう。




これからもよろしくお願いしますm(●^ー^●)m

2017年2月17日金曜日

チヂミLIVE

昨日は2回目となるチヂミLIVEでした。



こんな感じで(^ー^)↓


山本 厚志 さん

福沢 あかり ちゃん

枕 ちはる ちゃん

ドウダ タクヤ さん

Elegano Moonlight & ゆい さん


5組の出演者と



チヂミ



無数のチヂミでw




ハプニングはあったものの




笑顔の多いアットホームなLIVEでした(^0^)





山本さん → シブイ、超ウマイ、カッコイイ、

あかりちゃん → 20歳とは思えない歌声と歌詞

ちはるちゃん → 気持ちいい位にアホで楽しい

ドウダさん → 音楽大好きと伝わる直球の歌

Eleganoさん → 主催お疲れ様でしたm(^ー^)m






どのイベントもそうだけど

主催者の人柄や想いによって

イベントの空気や内容が創られます。



この人がこういう事をするから、と

それに共鳴した人が集まって

時間と空間ができあがる。



イベントは主催の人の内側を映す鏡だと想っている。

少なくともつなぎ屋で行われるイベントは、そうだ。

だから、面白い。












僕らは日々鏡を見て外見を認識しながら過ごしているけど

内面を映し出す鏡は地球上には未だに存在しない。




でも、こういう形で内面が鏡として現実に現れるのなら、

顔を会わせる目の前の人を通して自分の内面を捉えるなら、



たまにこうやって自分の持っている世界観や内面を

空間として創り、感じ、味わう



そんな時もあると、なんか…良いんじゃないかと思うんです。




これは、やった人しかわからない。


でも、きっと有意義な事だと思います。




自分という存在が

誰かの喜びや笑顔につながった時


人はやっぱり嬉しいと思うんです。





1個の大きな幸せより

10個の小さな幸せの方が

幸せだなと感じるんだって。


体感として納得する。



だから


ちっちゃくても十分だから


ちょっと幸せと思ってもらえる事を


つなぎ屋で継続していたいな。






雪が降って寒くなってきたけど


ぼちぼちやってますー(^ー^)v





つなぎ屋 より


Photo by Elegano Moonlight

2017年2月13日月曜日

ちかけん、要チェックやー!!

昨日は



熊本で「ちかけん」という会社をやっている



「池田 親生(ちかお)」くんに会ってきた。

池田 ちかお氏




























つなぎ屋として惚れてる人をナンパしに行った(笑)





「ちかけん」社では「竹あかり」という竹のランプシェードを創って

装飾のアートディレクションをしている。




ちかけん→http://chikaken.com/








その竹あかりが雪祭りの装飾に使われた。



大通り公園5丁目の「森の時間」という団体の

プロデュースする空間の装飾。



「森の時間」→https://www.facebook.com/%E6%A3%AE%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93-%E6%84%89%E5%BF%AB%E3%81%AA%E4%BB%B2%E9%96%93%E3%81%9F%E3%81%A1-1529933917291396/








雪祭りが終わった昨日、その解体作業の手伝いに行ってきた。






そしてラブコールを送った結果、今日はちかけんと少しの時間一緒に過ごした。







駆け足で、今生きてる時代の話をした。



希望ある、とても良い時間を過ごせた。



話の内容に興味ある人、聞きに来て!



ちかお君の書いた本「社会冒険家の教科書」という本ももらったよ!


























ちかお君、ありがとう(●^0^●)












彼は安部首相夫妻と一緒に

竹あかり(竹)を日本の竹文化として

世界に発信しようと連携している。





彼自身の政治的意見も持っている。

それが首相と違う意見の部分もある。

それもあった上で一致できる部分で協働している。





意見が別れても

人として別れ

責め合う必要はない

対話して歩み寄る事が大切




というのが、ちかお君の意見。


そして、自分も激しく同意する意見。





基よりお金やビジネスの話だけじゃなく、やってる。





世界を楽しくしたくてやってる。


美しくしたくてやってる。


生きやすくしたくてやってる。


笑いたくてやってる。




別に偉そうにする為にやってない。


贅沢をする為ににやってない。


蹴落としたり奪ったりする為にやってない。


誰かを責める為にやってない。







こんな生き方に共感してくれる人と




もっと出会いたい。







そういう人がもっと繋がったら絶対もっと面白い(●^0^●)






世界は動いているなぁ。。。






その中で


自分は自分のやり方で


自分の意志を全うしたい。








こんな部分も存在してる、つなぎ屋ベンの世界観。


でした(^ー^)





つなぎ屋 より

一昨日は満月◎




月をテーマに歌を歌う女性2人の音楽ユニット「LUNA」さん




名前に月がいる男性シンガー「Elegano Moonlight」さん


が来てくれたりした(^-^)























そんな感じで





10年前に書いた月の歌の詩

















さあ 月よ満ちてゆけ

霞む雲の裏から僕を照らして

美しい夜の遊び場

体に沁みこませた光が

リズムをくれる 太陽が交わる

雄大な波長 シンクロしてしまうね

僕の体はうねりの中

流れのままに心を委ねながら

たまたまや偶然などはなく

全てがあのいたずらな月の仕業

ああ 改まって伝えるのも

はずかしい位にキミが好きだよ

魔性も神々しさも兼ね備えながら

それすらどうでもいいような

どうか ずっとそこにいて欲しいのさ

それだけでいいから

あなたに審判されるなら

重い罪を下されてもかまわないのさ

月よ あなたが望むのならば

この海を泳ぎきってみせようか

倒錯した世の中の中で

君だけが道を照らしてくれるから

ありがとう

いつも感謝してるよ

心から愛してるよ

月よ








命の灯を絶やさずに大切に

耕してきた心の土

眠くなったならおやすみ

すべてはあなたの心のままに生きていいんだよ

右手 左手 目 鼻 口 耳 両手 両足

すべて与えてくれてありがとう

世界を自由に創造しよう

きっとみんな本当は知ってるんだ

今はしんどくて忘れてるだけ

優しい心と心臓の音

本当はみんな最初は仲良しだったけど

今は少し忙しくて

暇がないからみんな大変なんだ

だから僕は祈るよ

あなたが あなたで いられますように










おわり








こんな詩を20歳の時に書いて、一人で山に行っては歌ってた。







その頃は




それまで札幌から外にほとんど出た事がなかった自分が


北海道1周の自転車旅に出た頃。


深夜にNHKで流れる自然の映像番組にハマッていた頃。





「自然」というものに、人生の行き先を求め出した頃。





ドン○・ホーテでバイトしてたのをやめた頃。




毎日たくさんの物を売って、売る事を考えて、仕事して、

ちょっと仕事できるからって変な自信を持ちながら、

傲慢さと世の中への疑問符を育ててた頃。






そんな時に他スタッフとのケンカがキッカケで

バイトを辞めて、自転車で旅に出た。



今まで都会という世界しか知らなかった自分が

「自然」や「田舎」に触れた。



その時の衝撃がおおきくて。




星のきれいさ

自然の音の美しさ

雨や風の容赦なさ

それを助けてくれた人の優しさ




全部が20歳の自分を大きく変えた。




それから、アウトドアガイドをやったりするんだけど、

その根底には「自然や人に役立てる人間になりたい」と

思うに至ったこの旅の経験があった。


今の自分にも通じている想いがこの時に与えられた。


ありがたい。






20歳で人生の指標が与えられたという事は

今の世の中でとてもありがたい事だと思う。




その指標をどうやったら生き方に一致させながら生きれるか

壁にぶつかりまくりながら・迷いながら・生きてきたけど

「生きる方向」に迷った事はない。

ずっとそこに向かって生きてきた。

未熟さは全然尽きないけど。



生きる方向に迷う事は、ありがたい事に、無かった。




だから、今、ここにいる。





今日はそんな事を書いてみる


満月の夜。







つなぎ屋 より